お知らせ

2019年08月21日(水)

2019年9月25日開催 :ラウレア実務勉強会開催のご案内

講師

Fair Consulting Deutschland GmbH
ドイツシニアマネージャ 小林 拓也
ドイツマネージャー 公認会計士 水野 翼

近年、日本と同様に、欧州では中小企業オーナーの世代交代に伴う事業承継に伴う買収が活発であり、日本企業による買収も増加しています。
一方、買収対象先の現地中小企業は、日本企業の求める水準での内部統制が整備されておらず、買収後のJ-SOX対応などで苦慮するケースも見受けられます。
本勉強会においては、内部統制整備の観点から知っておくべき欧州の諸制度について、ドイツの制度を中心にして解説するとともに、被買収企業における内部統制整備業務の進め方について、事例を交えながら説明いたします。

株式会社フェアコンサルティング:世界25拠点に直営事務所を展開する日系コンサルティングファーム。
会社概要はこちらhttp://www.faircongrp.com/?lang=ja

セミナー内容 欧州における内部統制整備実務-ドイツにおける企業買収事例を交えて
講師 ■ドイツシニアマネージャ 小林 拓也
2000年にKPMG税理士法人に入所後、数多くの国内及びクロスボーダーのM&A案件、海外投資案件に関与。 2012年よりKPMGドイツ(ミュンヘン)事務所に出向し、ジャパンデスクを現地ドイツ人パートナーと共に再構築する。 2015年から2017年にフリーランスの会計・税務アドバイザーとしてミュンヘンにて活動後、フェアコンサルティングドイツ事務所の立ち上げに伴い、同事務所に入所する。
M&A税務及び国際税務についての深い知識及び経験を有するほか、事業再生、内部統制や内部監査等の経験を有する。
日本国税理士試験合格(2000年)

■ドイツマネージャー 公認会計士 水野 翼
国内大手監査法人において約6年間、主にヨーロッパ企業、特にドイツ企業の日本法人の監査に従事する。その後2014年より3年間、Ernst & Youngミュンヘンオフィスに出向し、ドイツのグローバル企業の会計監査のほか、現地日系企業の監査にも従事した。
両監査法人在籍中はドイツ語の能力を活かし、クライアント企業の現地従業員とのコミュニケーションや法律条文原文・ドイツ語参考文献等の調査を通じて、質の高いサービスを提供した。
また、学生時代を含め長年ドイツ語圏に在住し当地の言語のみでなく文化・習慣にも通じており、会計・税務にかぎらず幅広いアドバイスを提供可能である。

日時 2019年9月25日(水) 19:00〜21:00(受付 18:40〜)
場所 AP品川 東京都港区高輪3-25-23 京急第2ビル9F,10F
JR品川駅 高輪口を出て右手徒歩3分
※教室番号は当日会場1階にてご確認ください。
定員 30名
参加費 5,400円(税込)

もどる

pagetop